かめ

自分を知っていくリズム

自分という存在

 最初、乳児では、見えていない足をつかんでいくという運動をこのかめで行っていきます。自分の身体を自分が知っていく段階としてとても重要です。誰でも出来るという、運動ではありますが、現実的にはなかなか難しいのが現状です。大人がサポートすることで、つかめる子どもはたくさんいますが、自らその段階を越えていくのは難しく、一緒に行う大人を模倣することで出来るだけ自ら出来るように促していく事が大切だと考えています。
IMG_3829.JPG
 子ども達は、自分で自分のことを出来る存在です。大人の助けはもちろん必要ですが、最小限の手助けをしてあげると、自分で出来る喜びをいっぱい経験できます。そしてその力は、自らをすばらしい人間であると感じる大きな力へと変わっていくのです。子ども達の発達の中には、自分の身体を知っていくことが大変重要な時期があります。それは、子ども達の絵画を通しても感じることが出来ます。ドンドン大きくなっていく子ども達。だんだんと子ども達の絵画は変化していきます。最初は、線でしか描けなかった子ども達も、マルク線を繋げていくようになっていきます。そしてその中に、点を描くようになり、それ自体が顔になっていきます。子ども達はその頃に、顔の認識を確立していくのです。そして四肢が出始めます。この頃になると、ほとんどの子ども達が、かめでもさっと自らの四肢を繋げるようになっていきます。そして絵画では、身体が出るようになります。かめでは同じくして、身体の反りが十分になり、大きく、高く、自分を表現する時期になっていくのです。

IMG_1021.JPG

教えられることと自ら獲得すること

 子育てをするとき、大人は子どもに様々なことを教えようとします。それは当たり前のことです。十分に子ども達が理解できるような言葉で教えてあげることは大切です。しかし、過度に子ども達に教えてはいないでしょうか。先にも書きましたが、子ども達は自ら出来る存在です。大人に比べればその時間は大分かかりますが、待ってあげることで十分にその行為を完結することが出来ます。年長児のかめでは、表現するという段階へ進みます。この頃、大人は「もっとあげてごらん。もっとあげれるよ」と子ども達へ伝えていきます。あなたたちはもっとすばらしい物を持っていることを伝える時期です。周りと自分を考えながらリズムではかめ等を行っていく子ども達。それは絵画でも同じです。より整理され、書き込まれていく内容も豊富になり、自分の中の物語を、遺憾なく発揮する子ども達。自分を中心に、世界を描き、自分を取り巻く状況を整理していく子ども達。そして、自分の周囲を認識し、その中での自分をもっともっと知っていくのです。かめでは、自分の身体を細部まで理解し、もっとここをこうすれば上がるということを、考え、大人に教えられ、それを行っていく。そして自分自身を膨らませ、自分をもっと知っていくのです。

伸びる力と止まる血から

IMG_0482.JPGきんぎょ

IMG_9150.JPG両生這い
IMG_9259.JPGうさぎ

IMG_9103.JPGどんぐり

IMG_2408.JPG四つ這い
IMG_1108.JPGケンケン・かかし

IMG_1858.JPGかめ

IMG_2429.JPG高這い
IMG_0474.JPGあひる

朱七保育所について

表紙年長ダッシュ.jpg

 朱七保育所公式WEBサイトへお越し頂きましてありがとうございます。本サイトでは、朱七保育所をより知って頂けるように努力しております。子ども達のすてきな姿をどうぞご覧ください。

関連リンクLinkIcon

朱七っ子の生活

20070204 (157).JPG

 こちらでは、保育方針をはじめ、目標や一日の生活をご紹介しています。実際に朱七っ子がどのように生活しているかを、写真を交えながらご紹介します。

関連リンクLinkIcon

行 事 紹 介

20070204 (25).JPG

 朱七保育所では、四季を感じ、豊かな経験が子ども達には必要と考え、季節ごとに様々な取組を行っています。年長期になると、たくさんの合宿が始まり、一つ一つで、今までの経験を生かしながら、逞しくなっていく子ども達の姿を見ることが出来ます。

関連リンクLinkIcon

リ ズ ム

tyou (1).JPG

 リズムは、朱七保育所にとって保育の柱であり、三度の食事と同じくらい大切にしています。広いサンルームで、ピアノの音と共に自らの体を使い、様々なリズムを行っている子ども達。運動を通して様々な発達を遂げていきます。

関連リンクLinkIcon

仲間と共に

IMG_7194.JPG

 生活の中で、行事の中で、友と共に育ち合うことは、人間の発達にとって欠かせないことだと考えています。優しさや思いやり、助け合いなどを友に育つ子ども達から学び、教え、社会性を学んでいきます。

関連リンクLinkIcon

0歳児 こぐま組

IMG_6216.JPG

 0歳から1歳児までは、一生で発達にとって最も重要な時期と考えています。様々な経験をこの時期に行っていくことは、その後の発達に大きな影響を与えてくれます。担任をはじめ、職員一同で、この赤ちゃん時代を支えていきます。

関連リンクLinkIcon

1歳児 ちゅうりっぷ組

12sai-(8).jpg

 1歳児クラスは、子ども達のもつ【摸倣力】に重点を置き、自らやってみたいと思える環境を心掛けています。園庭にある築山を遊びの中心にして、さmざまなあそびを展開しています。

関連リンクLinkIcon

2歳児 たんぽぽ組

12sai-(3).jpg

 この時期の子ども達は、自分を確かめながら大きく育っていきます。誉めることを大切にする事と、自ら生活を行う準備をする時期です。自律的な行動が増えてきて、色んな所を遊び場に走り回っています。

関連リンクLinkIcon

3歳児 すみれ組

mitumeru.jpg

 3歳児は、一生の内で最も動き回る時期として考えています。登園してきてお迎えまで、動き回って遊びます。たくさんの経験との出合いを心掛け、しっかりとした社会性も身につけていきます。会話もしっかりと出来てくる時期です。

関連リンクLinkIcon

4歳児 らいおん組

IMG_6147.JPG

 こころ【心理面】で大きく成長・発達する時期です。生活の中に細やかな取組が増え、創造的な姿も見せてくれるようになってきます。年長さんに憧れて、自分を知っていく時期でもあります。

関連リンクLinkIcon

5歳児 ひまわり組

IMG_2386.jpg

 【花開く年長児】
 毎日の雑巾掛けやリズムを通じて、逞しく育っていきます。仲間がしっかりと支えてくれる、仲間をしっかりと支えられる子ども達。
 6年間、毎日培ってきた体と心。卒園のそのとき挑げる卒園証書は、いっぱい頑張った証です。

関連リンクLinkIcon

年間行事予定

1 (9).JPG

 朱七保育所の年間行事予定表です。あくまでも予定としてご覧ください。公開保育につきましては、日程が決まり次第お知らせします。また、各クラス掲示板をしっかりとご確認ください

関連リンクLinkIcon

実習・研修等

IMG_2565.JPG

 子ども達と寄り添い、生活を送っていくために、朱七保育所では、研修や実習、学習会を積極的に行っております。学生実習や外部の保育園などからも実習や研修に参加して頂いています。

関連リンクLinkIcon

旧 ブログ

IMG_3817.JPG

  過去に使用していたブログです。現在は各クラスのページに移動しています。過去のページは保存してありますので興味のある方はご覧ください。

関連リンクLinkIcon

食べる力を生きる力

008.JPG

  朱七っ子が毎日食べている食事をメインに更新しています

関連リンクLinkIcon

朱七園芸 緑と共に

DSCN2420.JPG

 朱七保育所の作物の紹介ページ。様々な四季の恵を紹介していきます。

関連リンクLinkIcon

OB会 新いまこれ!

IMG_1803_1.JPG

 朱七保育所のOB会のページです。いろんな行事やお知らせなどを掲載していきます。

関連リンクLinkIcon

資料

入所案内

 入所に関するページです。朱七保育所への入所は、京都市中京区をはじめ、他の行政区からでも入所して頂けます。

入所案内ページへLinkIcon

採用情報

 職員の柔靱情報を掲載しております。正規職員をはじめ、非常勤職員、パートタイムの職員など、元気な子ども達と一緒に楽しく生活をしてみませんか。

採用情報ページへLinkIcon

姉妹園へのリンク

 朱七保育所は、全国保育実践交流会へ加盟しています。関西地区の保育園とは合宿を含め様々な交流を行っています。同じ保育を目指す姉妹園のホームページもご覧ください。

リンクページLinkIcon

写真が語る朱七っ子

20070204 (179).JPG

 普段、朱七保育所で写真を撮っている大洋が選ぶ、写真を不定期で更新していきます。すてきな素顔や満面の笑み、笑ったり、泣いたり、子ども達の表情は、喜怒哀楽でいっぱいです。

関連リンクLinkIcon

動画で見る朱七っ子

1 (39).JPG

 朱七保育所では、動画もたくさん撮っています。出来る限りアップロードしていきたいと想っています。

関連リンクLinkIcon

お問い合わせ

 朱七保育所へのお問い合わせをはじめ、アクセス方法等を掲載しています。

関連リンクLinkIcon