2016年度 海合宿

DSCN6321.JPG

海に向かって出発です

 広島県のあんず保育園に着き、水着に着替えていざ出発です。うみに行くという緊張感でいっぱい。良い緊張感で望んでいる子ども達でした。心はワクワクとドキドキでいっぱい。

DSCN6429.JPG

いよいよ泳ぎます

 毎日保育所で頑張ってきた成果をここで発揮してくれると良いな。初めて海に来る子どももいます。そんな緊張の中、海合宿1日目として、十分に泳いでくれました。まずは、ライフジャケットを着て、しっかりと海に慣れていくことから始めました。水は怖い物、でも、慣れて、しっかりと泳いでいけることで、その怖さが分かり、泳げる体を身につけていけます。遠ざけるのではなく、自分の物に出来る力をつけてあげたいと思っています。

DSCN9478.JPG

すこしずつ!

 海に慣れていくことはそんなに簡単なことではなく、ちょっとずつ、ちょっとずつ慣れていきます。小さな階段を少しずつ上っていく経験をいっぱいしながら、心も体も、海に慣れていきます

DSCN9706.JPG

あんずさんのプールにも入りました

 瀬戸内海の海は、潮の満ち引きがすごく起こります。合宿中は大潮を狙っていきますので、とても海が深くなり、とても泳ぎやすくなります。午後は、潮が引くので、海に入ることは出来ません。それで、あんずさんのプールにも入ります。ここでは、朱七っ子が先陣を切れます!海に慣れたあんずっ子・プールに慣れた朱七っ子!緊張がどんどんほぐれ、力一杯泳いでいました。

DSCN6590.JPG

あんずさんの川でも遊んだよ

 あんずさんの周りには、自然があふれ、心が安らぐ環境が揃っています。色んな生き物が育ち、子ども達の心が膨らんでいきます

DSCN9837.JPG

2日目は海をしっかりと自分の物にする

 朱七保育所では、3歳ぐらいから、しっかりと水に浮けることを目指してやってきました。海水のため、体は良く浮きますが、心から海になじんでいかなければなかなか浮き続けることは難しいです。ジャケットを着ながら、ラッコ浮きをして、みんなで大きな和を作りました。

DSCN6810.JPG

あったかーい

 砂浜ってあったかい!。休憩時間に砂浜で、色んな遊びを楽しみました。

DSCN9938.JPG

ハチの干潟

 あんずさんから少し車で行ったところに、干潮時になると大きな干潟が現れます。地域の活動で、大切に守られている干潟。色んな生き物がいて、初めて見る生き物ばかりに、子どもの心はワクワクでいっぱいになっていました。ここで、マテ貝やかにさんなどをとったり、あのカブトガニを観察したり、シオマネキを見たりと色んな経験をさせてもらいました。

DSCN6950.JPG

川にかえるがいたよー

 川遊びも2日目になると意気揚々!。普段ではなかなか出会えない大きなかえるにも出会い、いっぱい捕まえていました。かえるに怖がるかなぁと思っていましたが、ほとんどの子が平気で捕まえていて、みんなで遊ぶってすごいなぁと思いました。

DSCN0033.JPG

三日目の海では

 三日目の海では、大人をたよりに潜っていくことをしました。伝いながら、深くまで潜っていき、魚を探している子ども達。水の中で、息を我慢しながら、見て探す行為は、大人でも大変です。適応力のある子ども達は自ら潜っていき、小さな魚を見つけたみたいです。私も潜りましたが、3センチから5センチに満たないぐらいの、小魚が、ちろちろと泳いでいました。

DSCN7111.JPG

砂浜で、ぼうとりだぁ~

 三日目の砂浜はとてもきれいな所でした。めいっぱいに泳ぎ、少し体が冷えてきたときに、グループ対抗の棒取りをしました。築山では慣れている棒取りも、砂浜になると勝手が違います!とっても楽しい棒取りでした。

DSCN0194.JPG

たこだぁ~!とってもおいしいぞー!

 広島県三原はとってもたこが有名です。ぷりぷりのたこがほんとにおいしい所なんです。あんずの海合宿名物【たこのあし】丸かじりです!お父さん達が炭火で焼いてくれたたこを、その場でもらって、バクリ!!なんて贅沢な経験でしょうか!おいしい物はおいしいうちに、おいしい物はおいしいところで、おいしい物は仲間と一緒に!これにかぎります。

DSCN7396.JPG

DSCN7415.JPG

DSCN7435.JPG

充実!

 3泊4日。年長の子ども達にとってはとても長い合宿です。そして、初めて行くあんずさん。海。色んな事を乗り越えて、色んな経験を自分にためて、色んな壁を乗り越えた子ども達!お父さんやお母さんが待つ京都に向けて、最後まで、けがをせず、かえりました。心身ともに充実の時、ぐっすりと眠る子ども達の顔は、たくましさが増して、これぞ年長という表情になっていました。

DSCN6624.JPG
DSCN6745.JPG
DSCN6932.JPG
DSCN0002.JPG
DSCN7014.JPG
DSCN0050.JPG
DSCN0272.JPG
DSCN0313.JPG
IMG_4761.JPG
IMG_4937.JPG
IMG_4959.JPG
DSCN7345.JPG
DSCN0064.JPG
DSCN7133.JPG
DSCN0123.JPG
DSCN0238.JPG
DSCN0241.JPG
DSCN0269.JPG

花脊自主合宿

 2014年10月22日と23日に花脊にある、山村都市交流の森へ、年長5歳児ひまわり組19名で合宿を行ってきました。あいにく初日は雨が降っていましたが、雨降りのなか、歩いて行ける範囲で、森を感じながら散策を行いました。夕方からは少し雨がやみ、日が沈んだ頃には降っていませんでした。朝に行った川にもう一度訪れ、蟹や魚を見ることができました。
 次の日は、朝から森の中に入り、木漏れ日に包まれながら、様々な木々を観察したり、自然豊かな情景を楽しんできました。切り株が朽ち、コケがむしている場所もあり、自然の豊かさを肌で感じ、コケが日差しを浴びて、暖かくなっていることも肌で感じる経験もできました。アクティブな活動だけではなく、心静かに山道を歩き、鳥や虫の声を聞き、日差しや緑、紅葉を見て、心の豊かさを広げる経験は、大人になって時に、大きな実りとして、子どもたちを包んでくれることでしょう。朱七保育所の合宿のなかでも、心の豊かさを経験する貴重な体験です。運動と食事を二本柱に掲げていますが、この合宿はその他の合宿とは違い、その子の感性をくすぐる合宿になります。この経験を活かし、秋のリトセン合宿で、森の中で、子どもたちは生活をおくっていきます。

IMG_2759.JPG
IMG_2763.JPG
IMG_2789.JPG
IMG_2797.JPG
IMG_2812.JPG
IMG_2816.JPG
IMG_2840.JPG
IMG_2846.JPG
IMG_2858.JPG
IMG_2859.JPG
IMG_2868.JPG
IMG_2872.JPG
IMG_2896.JPG
IMG_2897.JPG
IMG_2900.JPG
IMG_2908.JPG
IMG_2911.JPG
IMG_2925.JPG
IMG_2933.JPG
IMG_2941.JPG
IMG_2982.JPG
IMG_2984.JPG
IMG_3012.JPG
IMG_3037.JPG
IMG_3042.JPG
IMG_3053.JPG
IMG_3055.JPG

4・5歳合宿

異年齢の合宿。

いつも一緒に遊んでいる4歳児と5歳児ですが、今日は一緒に合宿です。いつもとは少し違い、5歳児ひまわり組がいつもより大きく見えます。違う年の子ども達が、関わり、共に生活を送っていくことで、大人では伝えられないことが子ども同士で伝わっていきます。

七夕。

 七夕の季節。和紙をおり、はさみで天の川作りです。一つ一つ丁寧に切っていきながら、去年見た年長の天の川を思いながら作っていきます。ちょっとずつですが、真剣なその瞳に、大きくなっていく年長児の姿がありました。みんなで広げたときには、心がうきうき、思いいっぱいです。うれしーなと言う表情でした。
 夕ご飯は、自分達のグループで、飯盒炊爨をしました。飯ごうのはかり方やご飯の研ぎ方。今は無洗米が流通していますが、お米を洗って思いを持って炊いていくことの大切さを知ってほしいと思っています。そして、しっかりと飯ごうで炊くと本当においしいご飯が炊けていきます。お焦げも確かにおいしいですが、真っ白でもちもち炊けたご飯は格別です。蓋を取ったときは、「オーー」という歓声が上がっていました。
 残念ながら、天気の調子がよくなく、キャンプファイアーを中止しました。サンルームの中で、キャンドルファイアーです。真っ暗の中、中央にランタン。天の川を照らすキャンドルタワー。グループで決めた歌をみんなで歌い、気持ちを一つにしていました。

夜は、蚊帳(かや)の中で寝ました。日本の伝統を知っていき、自分達の暮らしを大切にしてほしいものです。便利・利便と言うこともありますが、日本人が昔ながらに大切にしてきたこと、自分達が暮らすためにつけていく力、子ども達の可能性をしっかりと支え、膨らましていかなければならないと感じます。考えない子ども・ひ弱な子どもが多くなっていると最近は言われますが、四季を感じ、暑さ寒さに負けない子ども達は、とても逞しく、ちょっとやそっとではへこたれません。身体をしっかりと育て、情緒豊かな生活を送り、思いやりを育んでいこうと感じました。

IMG_0420.JPGしっかり着実に、焦らず向かっていく。朱七保育所の年長組。やるときにはしっかりとやり、妥協せず、子どもだからできないではなく、子どもだからこそできるを大切にしていきます。見つめるその瞳に子ども達の可能性をしっかりと信じて進んでいきたいと思います
IMG_0794.JPGIMG_0938.JPG
IMG_1089.JPGIMG_1163.JPG
IMG_1272.JPGIMG_1348.JPG
IMG_4380.JPGIMG_4408.JPG
IMG_4492.JPGIMG_4498.JPG
IMG_1744.JPG

クリックすると拡大します。

春のリズム合宿

初めての交流合宿

 広島県にある三原市の【あんず保育園】を迎えての年長自主交流合宿 が行われました。あんず保育園の年長児は6名。朱七保育所の年長児は20名、計26名の子ども達で生活を共にしました。

育ちは違うけど年長児。

 都会の中にある朱七保育所と自然に恵まれたあんず保育園。両園の環境は全く違います。しかし、年長児に向ける思いは一緒。子どもは秘めたる力を持っており、育ちを支え、その子の育ちを最大限引き出し、晴れやかなる姿を持って巣立つ。すてきな年長児。 子どもは決して出来ない存在ではなく、子どもは大きくなりたい、自分で出来るようになりたいと願っている。子ども達の可能性を信じ、子ども達の明日を願う。そんな思いで交流を重ねています

初めて出会って、仲間になる

 子ども達の素晴らしさは、その協調性と関係性にあります。大人は初めて会った人となかなか本音で関わることが出来ませんが、子ども達を見ていると、初めて会ったのか分からないくらい、お互いを求める姿があります。困ったときには声をかけ、一緒に頑張れる。喜びを共にし、笑顔で会話。人に関わりを持ちながら、乳幼児期を育っていくことの素晴らしさを考えさせられます。人に囲まれ、人を必要とし、頼り、頼られる関係。子ども達には様々な事を感じてほしいと願っています

リズムは両園とも、0歳児から行っています。小さな時から頑張ってきたリズムを中心に、飯盒炊爨や果樹の収穫、造形活動など、様々な生活を通して、経験を重ねていきました。最初はぎこちなかったリズムのステップも、少しずつ理解が進み、身体が反応していきました。【この木なんの木】の曲を使い、手綱馬というリズムを行いました。それぞれに思いを抱きながら生活を送りました。これから交流を重ねていくに当たり、仲がよくなった子ども達でした。

DSCN2017.JPG
DSCN2166.JPGDSCN1988.JPG
DSCN1998.JPGDSCN2003.JPG
DSCN2006.JPGDSCN2154.JPG

クリックすると拡大します。

グループ合宿

年長児になって初めての合宿

 朱七保育所年長児最初の合宿。2グループに分かれて行います。年長になって、自分達は年長児なのだと感じ、そのことを気付きながら生活を行っていきます。生活を自らの力で築き上げていくことが年長児になって大切な課題です。5歳児といえども、かなりのことを自ら行っていく力を持っています。大人が関わっていくことも充分に必要ですが、その中で、自分達がどれだけのことを進めていくのかも重要です。その出だしとしてグループ合宿を行っていきます。

仕事がくれる育ちの宝。

 生活を行っていくに当たり、【仕事】という事が重要になってきます。4歳児までも仕事を行ってきた年長児。これからは、自分の仕事だけではなく、人の仕事を率先して行える力をつけていきます。自分が生活を行っていくに当たり当然仕事をしていくことになりますが、自分の仕事は十分に納得しながら行っていけます。しかし、みんなに関わる仕事は、十分な納得や理解が進むには時間がかかります。しかし、人は自分の為に汗を流した相手を敬遠することはないと考えます。下のクラスの子ども達は年長に感謝し、その感謝される思いを年長児は受け止めます。人に必要とされ、人に認めてもらえる経験は育ちの中で、自身を高め、支え続けてくれます。自己価値観が高まり、自らを認められる力、自己肯定感の礎を築きます。

グループ合宿では、自分達が食べるご飯を飯ごうで炊いていく経験もしていきます。朱七保育所では、家庭で行うキャンプではなく、野外活動として位置づけ、野外での生活を協力しながら、みんなで過ごし、その中で、苦労も喜びも全てを分かち合う経験を大切にしています。

IMG_8911.JPGメインの写真のコメント
IMG_7945.JPGIMG_7953.JPG
IMG_8009.JPGIMG_8158.JPG
IMG_8189.JPGIMG_8112.JPG
IMG_7877.JPGIMG_7917.JPG

クリックすると拡大します。

朱七保育所について

表紙年長ダッシュ.jpg

 朱七保育所公式WEBサイトへお越し頂きましてありがとうございます。本サイトでは、朱七保育所をより知って頂けるように努力しております。子ども達のすてきな姿をどうぞご覧ください。

関連リンクLinkIcon

朱七っ子の生活

20070204 (157).JPG

 こちらでは、保育方針をはじめ、目標や一日の生活をご紹介しています。実際に朱七っ子がどのように生活しているかを、写真を交えながらご紹介します。

関連リンクLinkIcon

行 事 紹 介

20070204 (25).JPG

 朱七保育所では、四季を感じ、豊かな経験が子ども達には必要と考え、季節ごとに様々な取組を行っています。年長期になると、たくさんの合宿が始まり、一つ一つで、今までの経験を生かしながら、逞しくなっていく子ども達の姿を見ることが出来ます。

関連リンクLinkIcon

リ ズ ム

tyou (1).JPG

 リズムは、朱七保育所にとって保育の柱であり、三度の食事と同じくらい大切にしています。広いサンルームで、ピアノの音と共に自らの体を使い、様々なリズムを行っている子ども達。運動を通して様々な発達を遂げていきます。

関連リンクLinkIcon

仲間と共に

IMG_7194.JPG

 生活の中で、行事の中で、友と共に育ち合うことは、人間の発達にとって欠かせないことだと考えています。優しさや思いやり、助け合いなどを友に育つ子ども達から学び、教え、社会性を学んでいきます。

関連リンクLinkIcon

0歳児 こぐま組

IMG_6216.JPG

 0歳から1歳児までは、一生で発達にとって最も重要な時期と考えています。様々な経験をこの時期に行っていくことは、その後の発達に大きな影響を与えてくれます。担任をはじめ、職員一同で、この赤ちゃん時代を支えていきます。

関連リンクLinkIcon

1歳児 ちゅうりっぷ組

12sai-(8).jpg

 1歳児クラスは、子ども達のもつ【摸倣力】に重点を置き、自らやってみたいと思える環境を心掛けています。園庭にある築山を遊びの中心にして、さmざまなあそびを展開しています。

関連リンクLinkIcon

2歳児 たんぽぽ組

12sai-(3).jpg

 この時期の子ども達は、自分を確かめながら大きく育っていきます。誉めることを大切にする事と、自ら生活を行う準備をする時期です。自律的な行動が増えてきて、色んな所を遊び場に走り回っています。

関連リンクLinkIcon

3歳児 すみれ組

mitumeru.jpg

 3歳児は、一生の内で最も動き回る時期として考えています。登園してきてお迎えまで、動き回って遊びます。たくさんの経験との出合いを心掛け、しっかりとした社会性も身につけていきます。会話もしっかりと出来てくる時期です。

関連リンクLinkIcon

4歳児 らいおん組

IMG_6147.JPG

 こころ【心理面】で大きく成長・発達する時期です。生活の中に細やかな取組が増え、創造的な姿も見せてくれるようになってきます。年長さんに憧れて、自分を知っていく時期でもあります。

関連リンクLinkIcon

5歳児 ひまわり組

IMG_2386.jpg

 【花開く年長児】
 毎日の雑巾掛けやリズムを通じて、逞しく育っていきます。仲間がしっかりと支えてくれる、仲間をしっかりと支えられる子ども達。
 6年間、毎日培ってきた体と心。卒園のそのとき挑げる卒園証書は、いっぱい頑張った証です。

関連リンクLinkIcon

年間行事予定

1 (9).JPG

 朱七保育所の年間行事予定表です。あくまでも予定としてご覧ください。公開保育につきましては、日程が決まり次第お知らせします。また、各クラス掲示板をしっかりとご確認ください

関連リンクLinkIcon

実習・研修等

IMG_2565.JPG

 子ども達と寄り添い、生活を送っていくために、朱七保育所では、研修や実習、学習会を積極的に行っております。学生実習や外部の保育園などからも実習や研修に参加して頂いています。

関連リンクLinkIcon

旧 ブログ

IMG_3817.JPG

  過去に使用していたブログです。現在は各クラスのページに移動しています。過去のページは保存してありますので興味のある方はご覧ください。

関連リンクLinkIcon

食べる力を生きる力

008.JPG

  朱七っ子が毎日食べている食事をメインに更新しています

関連リンクLinkIcon

朱七園芸 緑と共に

DSCN2420.JPG

 朱七保育所の作物の紹介ページ。様々な四季の恵を紹介していきます。

関連リンクLinkIcon

OB会 新いまこれ!

IMG_1803_1.JPG

 朱七保育所のOB会のページです。いろんな行事やお知らせなどを掲載していきます。

関連リンクLinkIcon

資料

入所案内

 入所に関するページです。朱七保育所への入所は、京都市中京区をはじめ、他の行政区からでも入所して頂けます。

入所案内ページへLinkIcon

採用情報

 職員の柔靱情報を掲載しております。正規職員をはじめ、非常勤職員、パートタイムの職員など、元気な子ども達と一緒に楽しく生活をしてみませんか。

採用情報ページへLinkIcon

姉妹園へのリンク

 朱七保育所は、全国保育実践交流会へ加盟しています。関西地区の保育園とは合宿を含め様々な交流を行っています。同じ保育を目指す姉妹園のホームページもご覧ください。

リンクページLinkIcon

写真が語る朱七っ子

20070204 (179).JPG

 普段、朱七保育所で写真を撮っている大洋が選ぶ、写真を不定期で更新していきます。すてきな素顔や満面の笑み、笑ったり、泣いたり、子ども達の表情は、喜怒哀楽でいっぱいです。

関連リンクLinkIcon

動画で見る朱七っ子

1 (39).JPG

 朱七保育所では、動画もたくさん撮っています。出来る限りアップロードしていきたいと想っています。

関連リンクLinkIcon

お問い合わせ

 朱七保育所へのお問い合わせをはじめ、アクセス方法等を掲載しています。

関連リンクLinkIcon